FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王 

『天の覇王 北斗の拳ラオウ外伝』(てんのはおう ほくとのけんラオウがいでん)は、原案:武論尊・原哲夫、漫画:長田悠幸の漫画。かつて週刊少年ジャンプに連載されていた「北斗の拳」主人公・ケンシロウの兄、ラオウの側からの視点で描く。週刊コミックバンチ2007年14号で連載は終了した。2008年10月よりテレビアニメが開始予定。コミックスは全5巻。

北斗神拳を習得したラオウが乱世の覇者となり世を救うべくソウガやレイナといった仲間たちと動き出す。(wikipediaより)

(北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王)
(北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王 (TOKYO MX) )

スポンサーサイト
[ 2008/10/03 10:33 ] は行 | トラックバック(-) | CM(0)

HYAKKO(ヒャッコ) 

その出会いは偶然か、はたまた運命か-!?
高台に建つ、小中高一貫教育のマンモス校「私立上園学園」。その高等部1年6組の面々は、そろいもそろって個性的な生徒ばかり。そんな今時のジョシコーセーたちの、愉快な毎日———、いつも楽しく、元気に盛り上がる、虎子たちのスクールライフ!(アニメ版「ヒャッコ」オフィシャルサイトより)

(テレビ東京・あにてれ ヒャッコ)

[ 2008/10/02 14:50 ] は行 | トラックバック(-) | CM(0)

伯爵と妖精 

『伯爵と妖精』(はくしゃくとようせい)は谷瑞恵のライトノベルシリーズ。集英社コバルト文庫刊行。イラストレーションは高星麻子。(wikipediaより)

妖精博士(フェアリードクター)であるリディアは父に会うため、相棒の妖精ニコと共にロンドンへ向かう船の中で、美貌の青年と出会う。彼は伝説の青騎士伯爵、またの名を妖精国伯爵(アール・オブ・イブラゼル)の現当主、エドガー・アシェンバートと名乗り、代々青騎士伯爵家に伝わるメロウの宝剣を手に入れるため、リディアに力を貸して欲しいという。巷で噂の強盗犯に似た容貌をしているエドガーと、彼に忠誠を誓い、彼のためなら殺人をも厭わないと言う従者レイヴン……。胡散臭いと怪しむ反面、その立ち振る舞いから『本物の貴族では…。』と思わずエドガーの話を信じそうになるお人好しのリディア。その上、ところ構わず甘い言葉で口説くエドガーに、本気ではないと思いながらも、動揺を隠せない。結局、誘拐同然で連れてこられたにも関わらず、リディアはエドガーの申し出を引き受けることになり、それゆえ、彼女も宝剣を狙う者たちとの争いに巻き込まれていく。次第に明らかになるエドガー達の過去とその正体…。宝剣は誰の手に…。そしてリディアの運命は……。(『プレセペ』より)

(TVアニメ公式サイト)

[ 2008/09/26 14:14 ] は行 | トラックバック(-) | CM(0)

美肌一族 

TVアニメ『美肌一族』は、美貌と才能に恵まれた一人の女性“美肌紗羅”が、ある日突然絶望の淵に立たされ、怒濤の人生と様々な人との出会いの果てに“美に対する飽くなき女の業”を肯定し、己の信ずる道を類いまれなる逞しさで突き進む愛と美の感動巨編だ。(『プレセペ』より)

(『美肌一族』公式サイト)

[ 2008/09/25 13:37 ] は行 | トラックバック(-) | CM(0)

亡念のザムド 

「亡念のザムド」は、二つの大国の緩衝地帯にある尖端島が舞台。島の高校に通う少年アキユキが、バスの爆破事件に巻き込まれて、体に異変が起こって異形の生命体「ザムド」になってしまい、島に侵攻してきた軍と交戦して暴走する。だが、突然現れた少女・ナキアミによって救われ、ザムドを制御できるようになるために世界を巡る……というストーリー。全26話。アニメ「鋼の錬金術師」などを手掛けた「ボンズ」が制作した。(まんたんウェブ より)

黒光りする油泥海に囲まれた尖端島。70年前の戦争で南大陸自由圏に併合されたこの島で、アキユキは母と二人暮らしをしていた。父親は別居中で、小さな診療所を一人で営んでいる。ある日、いつもの通り父親に弁当を届け、登校していたアキユキは、親友のハルやフルイチと共に、スクールバスの中で何者かによる爆破事件に巻き込まれてしまう。一命を取り留めたアキユキは白髪の少女の下に駆け寄るが、少女からアキユキに掛けられたのは謎めいた言葉だった。あまりの状況に戸惑うアキユキだったが、混乱が収まる間もなく、その体を異変が襲う。少女が撒き散らした「ヒルコ」が体に入り込み、アキユキは「ザムド」に変化してしまったのだ。(亡念のザムド より)

[ 2008/07/20 23:02 ] は行 | トラックバック(-) | CM(0)

BLUE GENDER / BLUE GENDER THE WARRIOR (OVA) 

BLUE GENDER(ブルージェンダー)とは、1999年10月7日から2000年3月30日まで毎週木曜日1:50-2:20にTBSで放送されたテレビアニメ作品。

現代の医学では治療不可能な病気を未来の医療技術に希望を託したスリーパーと呼ばれる冷凍睡眠患者。その一人、海堂祐司が目覚めたのは巨大な虫を彷彿させる謎の生命体、BLUEによって支配された西暦2031年の荒廃した地球だった。変わり果てた世界を目の前にただ愕然となる祐司に対し、極東方面スリーパー回収部隊チーム・グランザイルのアーマーシュライクパイロット、マリーン・エンジェルは事の経緯を淡々と説明する。BLUEが出現したのは今から14年前であること。BLUEは鉱物などの無機物までをも喰らって自らの生命エネルギーに変換できる極めて特殊な生物であること。その圧倒的な繁殖力を前に地球を追われた人類はセカンドアースと呼ばれる衛星軌道上のスペースステーションへ移住したこと。長年にわたって反撃の機をうかがっていた人類が遂にその行動を起こしたこと。こんな世界に目覚めるぐらいならいっそ死んだほうがましだったと言う祐司に、スリーパーをセカンドアースに収容することが自分たちの任務であり、それが終われば死んでもかまわないとマリーンは冷徹な言葉を返すのだった。(wikipediaより)

(Blue Gender)
(BLUE GENDER THE WARRIOR)

[ 2008/07/09 09:13 ] は行 | トラックバック(-) | CM(0)

バオー来訪者 (OVA) 

『バオー来訪者』(バオーらいほうしゃ)は、荒木飛呂彦の少年向け漫画作品。

主人公は、生物兵器「バオー」へと改造された青年「橋沢育朗」と予知能力を持つ少女「スミレ」の二人。バオーの超人的能力を狙う、政府系の秘密組織「ドレス(DRESS=Duel Resarch Especial Secret Society『戦闘研究特別秘密結社』の意)」からの逃避行を中心に、二人の成長と相思をつづった物語。短期打ち切り作品(コンビニ版単行本での編集部解説によれば、当初より2巻分程度の予定だったとされる)としてはストーリーがまとまっている作品である。鳥山明や和月伸宏は好きなジャンプ漫画として本作を挙げている。この作品から『ジョジョの奇妙な冒険』へ至ると共に、荒木は人気作家への階段を駆け上がっていく。(wikipediaより)

[ 2008/07/06 09:33 ] は行 | トラックバック(-) | CM(0)

ひだまりスケッチ×365 

『ひだまりスケッチ×365』は、蒼樹うめ原作による4コマ漫画のアニメである。
憧れのやまぶき高校美術科に合格したゆのは、自宅から遠いため、学校の門前にあるアパート「ひだまり荘」に住むことになった。隣室に住む同級生の宮子、階下に住む上級生のヒロや沙英とともに、4人が巻き起こす楽しくにぎやかな日々を描いている。(wikipediaより)

(TBSアニメーション「ひだまりスケッチ×365」公式ホームページ)

[ 2008/07/04 09:23 ] は行 | トラックバック(-) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。