FC2ブログ









はだしのゲン[映画] 

物語は、広島県広島市舟入本町(現在の広島市中区舟入本町)に住む国民学校2年生の主人公・中岡元(なかおか げん)が1945年8月6日に下された原爆で父・大吉(だいきち)、姉・英子(えいこ)、弟・進次(しんじ)の3人を亡くしながらも、たくましく生きる姿を描く。

舞台は 1945年、終戦間近の広島市。元の父で下駄の絵付け職人大吉は、反戦思想の持ち主。こうしたことから、中岡家の家族は町内会長の鮫島や近所から「非国民」扱いされ、様々な嫌がらせを受けた。元の長兄の浩二(こうじ)が「非国民」の冷たい視線をはね返すために海軍の予科練に志願し、元の次兄の昭(あきら)は、広島市郊外の山間部に疎開に行っていた為、浩二と昭は、原爆の難を逃れている。ちなみに英子は昭より年上だったが、体が弱かったため疎開できなかった。(wikipediaより)


「はだしのゲン[映画]」(Amazon)

はだしのゲン
第1部
(Stage6)

第2部


Hadashi no Gen (Barefoot Gen)'s Atomic Bomb Scene



スポンサーサイト



[ 2007/10/01 17:37 ] は行 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する