FC2ブログ









太陽の黙示録 

「ビッグコミック」(小学館)にて2002年16号から連載中であり、2007年10月現在でコミックスが16巻まで発刊されている。2005年(平成17年)度の第51回小学館漫画賞を、2006年(平成18年)度の第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞した。
2006年秋にWOWOWの開局15周年記念番組の一つとして前編『海峡』が2006年9月17日に、後編『国境』が9月18日に放送された。原作第1~4巻の地震発生から台湾編までの内容となっている。中国の歴史小説「三国志演義」をモチーフとしており、主要キャラクターの名前は、それぞれ三国志演義の登場人物から取られていると推測される。

舞台は大震災で富士山噴火や首都・東京及び関西水没により国土の五分の一を失い、地割れによる日本海峡誕生で本州が東西に分割されてしまった近未来の日本。南(サウスエリア)をアメリカ、北(ノースエリア)を中国に管理され、福岡と札幌にそれぞれ首都を構えて互いに自らの正当性を主張する南北両政府、分断された国民、台湾へ流れた難民、全世界に散った『棄国者』などを描く。(wikipediaより)

(太陽の黙示録・アニメ情報)
(太陽の黙示録・公式サイト)


「太陽の黙示録」全2話 (Amazon)

太陽の黙示録
前編 海峡
(pandoraTV)

後編 国境
(pandoraTV)|(youku)

検索:(pandoraTV)|(youku)


エンディングテーマ:「The Power」(作詞・作曲・編曲・歌:カノン) (Amazon)



スポンサーサイト



[ 2008/02/29 16:20 ] た行 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する