FC2ブログ









ガラスの仮面 千の仮面を持つ少女(OVA) 

1998年から1999年にかけて『ガラスの仮面 千の仮面を持つ少女』(全3巻)としてOVA化され、ポリグラムから発売された。「たけくらべ」までを描く。

かつて舞台『紅天女』(くれないてんにょ)で主役を演じ、大女優と謳われた月影千草は、芸能界を引退し、今は横浜で静かな生活を送っていた。そんな月影の下をたびたび訪れる男たちがいた。大都芸能の社長令息・速水真澄と演出家の小野寺一である。彼らは原作者から『紅天女』の上演権を譲られている月影から上演許可を得て、女優の姫川歌子主演で『紅天女』を上演しようと目論んでいたのである。しかし、月影は『紅天女』の主演は自分もしくは自分が育てた女優にしか演じることは出来ないと言って、彼らの申し出を拒絶する。そして、10年待って、自分が育てた女優が大成することが出来なければ、上演権を譲ると言い放つのだった。(wikipediaより)


「ガラスの仮面 千の仮面を持つ少女(OVA)」全3巻 (Amazon)

【ガラスの仮面(2005 東京ムービー版)】

ガラスの仮面 千の仮面を持つ少女
第1部 女優への旅立ち
(youku)

第2部 炎の階段
(youku)

第3部 嵐の中を行く
(youku)

検索:(youku)




スポンサーサイト



[ 2008/03/27 16:21 ] か行 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する