FC2ブログ









EAT-MAN(イートマン) / EAT-MAN'98 

『EAT-MAN』(イートマン)は、1996年から2003年に「月刊電撃コミックガオ!」にて連載された吉富昭仁の漫画作品。1997年および1998年にはアニメ化されている。

世界一の冒険屋(報酬を受けて殺し以外の依頼を引き受けるトラブルシューター)として知られる男ボルト・クランクを狂言回しとした一話完結の連作ストーリー。ボルト自身は寡黙で何を考えているのかをほとんど明らかにしないため、実際の主人公は各話ごとに別のキャラクターが受け持つことが多い。「EAT-MAN」というタイトルはボルトの持つネジや金属片といった無生物を食べ、体内で再構成して掌から完全な形で排出する能力に由来する。質量保存の法則を完全に無視して自分自身の体よりも巨大なものを出すことも可能であり、食べる前に壊れていたものでもボルトの中を通ると修復することも可能である。その出自は全くの謎であるが、受けた依頼は必ず遂行する信頼できる男である。(wikipediaより)


「EAT-MAN」全12話 (Amazon)
「EAT-MAN'98」全12話 (Amazon)

EAT-MAN
第1話 ガラスの壁
(youku)

第2話 滅びゆく者
(youku)

第3話 約束の部屋
(youku)

第4話 同業のよしみ
(youku)

第5話 雨、そのあと
(youku)

第6話 遺伝子の窓
(youku)

第7話 誘惑の墓場
(youku)

第8話 水柱の沈黙
(youku)

第9話 孤高の空
(youku)

第10話 夢のかけら
(youku)

第11話 楽園
(youku)

第12話 無限の翌日
(youku)

まとめ:(youku)

EAT-MAN'98
第1話 BYE BYE AIMIE(前編)
(veoh)|(pandoraTV)

第2話 BYE BYE AIMIE(後編)
(veoh)|(pandoraTV)

第3話 BODY GUARD
(veoh)|(pandoraTV)

第4話 AMBROSIAN DAYS Part One
(veoh)|(pandoraTV)

第5話 AMBROSIAN DAYS Part Two
(veoh)|(pandoraTV)

第6話 AMBROSIAN DAYS Part three
(veoh)|(pandoraTV)

第7話 AMBROSIAN DAYS the FINAL
(veoh)|(pandoraTV)

第8話 世界一の冒険屋
(veoh)|(pandoraTV)

第9話 MEGA MIX(前編)
(veoh)|(pandoraTV)

第10話 MEGA MIX(後編)
(veoh)|(pandoraTV)

第11話 道化の夢(前編)
(veoh)|(pandoraTV)

第12話 道化の夢(後編)
(veoh)|(pandoraTV)

まとめ:(veoh)|(youku)

検索:(veoh)|(pandoraTV)|(youku)


オープニングテーマ 「小さな恋のメロディ」 歌: 筋肉少女帯 (Amazon)


エンディングテーマ: 「WALK THIS WAY」 歌: FIELDS (Amazon)


EAT-MAN'98 オープニングテーマ 「バーニング・ブルー」 歌: MAGIC (Amazon)


EAT-MAN'98 エンディングテーマ: 「旅人」 歌: MAGIC (Amazon)



スポンサーサイト



[ 2008/04/14 12:28 ] あ行 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する