FC2ブログ









風の大陸 [映画] 

風の大陸(かぜのたいりく、The Weathering Continent)は、竹河聖によるライトノベル作品。古代の動乱の大陸アトランティスを舞台に、主人公ら3名の旅と冒険、そして大陸の運命を描く長編ファンタジー小説シリーズ。1992年松竹系で公開。上映時間55分。同時上映は『アルスラーン戦記II』『サイレントメビウスII』。(wikipediaより)

幻の未来都市…超古代の風の中 砂漠に精霊の歌が流れる―――。
砂に埋もれかけた遺跡に、三人の旅人がたどり着いた。世界の相を持つ美目秀麗な青年、ティーエ。小柄な身を男装に包んだ少女、ラクシ。そして大剣を抱えた屈強の戦士、ボイス。砂漠を旅する三人の水は既に尽きかけていた。遺跡の広場には旅人たちの真新しい死体があり水樽はすべて破壊されていた。盗賊に襲われたのだ。生き残った少年にラクシは最後の水を与えるが、少年は水を飲み干すと息を引き取ってしまう。しかも少年に見えたのは、実は少女だった。少女を埋葬し、水を求めて遺跡の奥へと足を踏み入れる三人。ラクシが遺跡にある民家の中で、正装した老婆のミイラを見つけたときティーエとボイスは、この遺跡の正体に気づく。遺跡の名は「アゼク・シストラ」。元の名を「ハエレ・シストラ」といい、繁栄を極めた都市であった。やがて豊かさと幸福を死後の世界でも享受し続けたいと願い、人々は死者の霊が永遠に住み続けられる理想都市を建設し、このアゼク・シストラが完成したのだ。アゼク・シストラには莫大な財宝も運び込まれたが、財宝が奪われることを恐れた人々は、アゼク・シストラへの道を極秘にし呪いをかけていた。遺跡の中で、旅人を襲った盗賊と鉢合わせし、辛くも逃げ出した三人は運命の神、セイタの神殿に逃げ込んだ。三人を追って盗賊たちが神殿に乱入してきた。死者の霊を鎮めようとするティーエを縛り上げ、盗賊たちは祭壇の横の棺に手をかけた。その中から出てきたのは…。(BS冬休みアニメ特選 風の大陸より)


「風の大陸 [映画]」 (Amazon)

風の大陸
(veoh)


風之大陸 (Trailer+ED) 主題歌: 『風の大陸』 歌: 西脇唯 (Amazon)


Weathering Continent


風之大陸- 精靈之歌


風之大陸 ed 主題歌: 『風の大陸』 歌: 西脇唯 (Amazon)



スポンサーサイト



[ 2008/06/19 11:08 ] か行 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する