FC2ブログ









火垂るの墓[映画] 

1945年9月21日、清太は国鉄三ノ宮駅構内で衰弱死した。清太の所持品は錆びたドロップ缶。その中には節子の小さな骨片が入っていた。駅員がドロップ缶を見つけ、「何やこれ?」と言って草むらに放り投げる。地面に落ちた缶から飛び出した節子の遺骨のまわりに蛍が群がり、魂とも思える光を放つ。

太平洋戦争末期、御影(現在の神戸市東灘区御影)に住んでいた4歳の節子とその兄である14歳の清太は6月5日の空襲で母も家も失い、父の従兄弟の未亡人である西宮の親戚の家に身を寄せることになる。(wikipediaより)


「火垂るの墓[映画]」(Amazon)

火垂るの墓
(veoh)
pandoraTV((1/2) (2/2))

検索:(pandoraTV)


火垂るの墓 西宮のおばさん



スポンサーサイト



[ 2007/11/20 13:16 ] は行 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する