FC2ブログ









惑星大怪獣ネガドン 

日本特有とも言える怪獣映画という映画ジャンルにこだわり、実写映像を使用せず全編をCGにより作成した作品。「すべての人類が楽しめる娯楽映像作品」を目指し、特撮映画の手作り感と昭和時代の雰囲気を出すため、独自開発の「粟津フィルター」により上映フィルム感を高めている。作品の時代設定である「昭和百年」に合致したレトロフューチャーの世界が描かれている。自主制作のため上映時間は25分の短編。

昭和百年、近未来の日本。世界人口は100億人を超え、国際規模での宇宙開発事業「火星テラフォーミング計画」が行われていた。ある日、火星から帰還途中の宇宙貨物船「いざなみ」が日本に墜落し、積載されていた宇宙怪獣ネガドンが出現する。 伝説のロボット工学の権威である楢崎龍一は、未完成の人間型汎用歩行重機「MI-6二号機」に乗り込む。(wikipediaより)

(公式サイト)


「惑星大怪獣ネガドン」(Amazon)

惑星大怪獣ネガドン
(GUBA)


Negadon - movie trailer 1



スポンサーサイト



[ 2007/09/03 22:30 ] わ行 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する